読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男の子+女の子+双子とのやったね!を探す暮らし

『 くらしの庭 』 ライフオーガナイザー 中矢くみこ

時間管理の為にアナログ時計に書いてみました

 

時間管理したい事をアナログ時計に書いてみました。

 

といっても、本当の時計に書くわけではありません。

(管理出来ない状況によっては本当に時計に書く方法もありますが。)

 

私の脳みそ、動いていないのかな?と思う程、ワーキングメモリーが少ない私。涙

 

やる事リストは書きますが、そこに時間の情報は入っていないため、結局やる事がながれてしまう、という事が多い日々でした。

 

やる事が出来るようにするには?

 

考えた結果、出た答えは『時間を図として認識する』でした。

 

……………

子供のお片づけの事を考えるの大好き

4人の子育て母ちゃん

名古屋在住ライフオーガナイザー

中矢くみこです。

……………

 

 

>>>そもそも、時計もデジタルよりアナログでした・・・

 

昔から、デジタルの時計では時間が分からないタイプ。

アナログ時計の円の割合で、なんとなく時間把握をしていたので、実のところ、数字で『5分』と書いても、私の頭は理解していなかったのかもしれません。。。

 

そこが、私の" 時間の管理が甘い原因 "であれば、

タスク管理を図として認識すれば解決するのでは?ということで、

 

はい、作りました。

 

アナログ時計の用紙です。

f:id:kumikona:20161122110603p:plain

(適当で、さらに画質悪いと思いますが、プリントアウトして個人使用してもらっても構いません。)

 

手帳好きの方には今さら!?的なものでしょうが、アナログ時計の付箋やはんこは自分使い勝手に合わせにくい事、買いにいくより作る方が早いという事で、私流アナログ時計用紙になりました。

 

 

 

>>>時間を図として認識する

 

 

私は、これを24時間の時間管理として使うわけではありません。

 

これで60分の時間管理をするのです。

 

左上の斜め2本線のところに、何時かを書き、何時の予定か分かる様にします。

△分〜◎分に、〇〇をやる、を書けば、図として時間認識できます。

 

なにより、時計と見比べて、頭の中で変換する必要が無いのは、とってもスムーズなことを発見。

 

(写真は、いつも決まっている事をする1時間なので、その1時間だけ切り取って、見えるところに貼っています。)

 f:id:kumikona:20161122113534p:plain

 

もちろん、1時間かけてやるような事の管理には使いません。

(そこはバーチカルタイプに書けば問題ないので)

 

朝の1時間、寝るまでの1時間、など、

やる事はたくさんあるけど、考えずにやりたいとき、このようにアナログタイプで書いておくだけで、私の記憶を助けてくれています。

 

アナログ時計の見た目のままなので、長男ならどこで何をするか理解でき、時間の使い方を共有できるのも良いところです。

(アナログ時計を使った子供の時間管理はまた次に書きますね。)

 

 

 

>>>全体像はバーチカルタイプの手帳で管理

 

 

アナログタイプの時間管理は大切なのですが、全体の予定の管理も必須なので、来年の手帳は、今年とおなじバーチカルタイプの手帳を買いました。

 

でも、バーチカルタイプには、これまでもざっくりとしか書いていません。

 

今まで、バーチカルでいまいち管理出来ずにもやもやしていた頭の中ですが、このアナログタイプで『頭の中の整理』と『時間の整理』が出来たので、その安心感は大きいです。

 

お陰で気持ちもスッキリ!

 

数字が得意ではなく、図の方が頭に入りやすい私、

ワーキングメモリーが少なく、次何するんだっけ?とすぐ忘れる私、

 

そんな私でもスッキリできる時間管理法でした。

 

 

 

読んで頂き有り難うございました。 

励みになりますので、

 良かったらポチっとしてくださいね☆

 ⬇  ⬇  ⬇  ⬇ 

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 子育てブログへ

ありがとうございます!

 

※=※=※=※=※=※=※=※=※=※=※=※=※=※=※=※

お片づけの相談、お片づけレッスンをお受けしております。

お不明な点や、どんな事をしてくれるの?などなど

お気軽にお問い合わせくださいませ!

⇨⇨⇨お問い合わせ先

 

合わせてこちらも ⬇

kumikonakaya.hatenablog.com