ライフオーガナイザー®︎ 中矢くみこのブログ

凸凹でも片づけベタでも整う仕組みがある!

小6息子の個室化計画!アフター編〜仕切りを立てる前にカーテンでお試し期間〜

 ーーーーー

こんにちは
4人の子どもと暮らす
名古屋在住ライフオーガナイザー®︎
中矢くみこです。

長男の個室化計画について、プランニング編・引っ越し編につづき、アフター編です。

 ↓プランニング編

kumikonakaya.hatenablog.com

 ↓引っ越し編

kumikonakaya.hatenablog.com

 

まずは、子供部屋の右側、長男の個室スペースは、このようになりました。(長男コーナーは写真の許可が下りませんでした。)

f:id:kumikona:20211012165956j:plain

写真が暗めですが…

長男が個室を希望しているとはいえ、新しい環境に慣れるのに、少し時間がかかるタイプなので、まずは、お試し期間として、突っ張り棒にカーテンを引っかかるだけの仕切りにしました。

 ↓突っ張り棒はこちら

突っ張り棒 強力 ホワイト 耐荷重30〜8kg 幅170〜280cm RTW-170 – 平安伸銅工業オンラインショップ

突っ張り棒の長さの関係で、上の空間も空いています。

f:id:kumikona:20211013094404j:plain

個室と言いつつ、半個室の方が正しいかも?(笑)とも思うけど、安心感もありつつプライベート空間も確保できていい感じ。

このゆるく繋がる感じも意外と気に入っているみたいです。

グレーの家具を置きたいと言われて、そうしているけれど、白いカーテンとの見た目が、個人的には落ち着かない…(汗)。

だけど、子どもたちの部屋なので、まずは、本人がやってみたいことをやってみたらいいんじゃないかな。

 

子ども部屋の左側には、娘のベッド+ローテーブル(ぬいぐるみ置き場)を置く計画でした。

f:id:kumikona:20211012173211j:plain

が、ベッドを置いたら気分も変わって

「私も、ベッドのところにランドセルとかを置きたい!」と。

なんとな〜く予想はしていたので、やっぱりそうきたか!という感じ。

娘と、どの家具をどう置くか?を、実際にあーだこーだ言いながら、動かしたりしました。

最終的に娘が選んだのは、こちら。

f:id:kumikona:20211012173358j:plain

  • ベッド(予定通り)
  • 低めの本棚(学用品・洋服を収納)
  • デスク脇で使っていた引き出しを単体で(宝物などが入ってます)

収納しなくてはいけない物が入るように家具を選んでいます。

が、ひとつできていないことが。

娘が今、憧れている「洋服のハンガー掛け」。

これから一緒に決めていこうねと話しています。(娘のアイデアで、今は窓枠内に突っ張り棒を取り付けて、ハンガー掛けスペース代わりにしています。)

f:id:kumikona:20211012173401j:plain

まだ、収納などはこれからなので雑多な感じかな

急遽、作った娘のマイコーナー。

大人はカニ歩きじゃないと入れない狭さですが、初めての自分専用のスペースに、すごく満足しているみたいです。

 

最後は、双子の学用品収納。

今回は、家の中で3カ所(子供部屋・パントリー・ダイニング)に点在していた子どものものを、2カ所(子供部屋・パントリー)に集約しています。

パントリーに上の2人のデスクがありましたが、この場所に双子のものを移動しています。

f:id:kumikona:20211012174855j:plain

今回の模様がえで出た、双子の息子たちの希望は、

  • ランドセルを置く場所が
    (リビングから)遠いのは嫌
  • いろいろ変えて欲しくない
    (覚え直すのが面倒)
  • おもちゃは、減らせる

だったので、できるだけ変化が少ないように、そのままの状態で場所だけを移動しています。

数ヶ月で身についた習慣があるので、つい体が、元あったダイニングに向くこともあって、「もう!」という姿も見ますが(笑)、この10日ほどで順応してきてます。(子どもは早い!)

 

4人のスペースを作るのに、家具を配置して、それなりの形にはなりました。

そこから、収納の見直しをします。

ざっくりと計画しているので、困った状況にはなっていないけれど、使いやすい状態でもない。

物を置く場所など、クセも出てきて、乱れてきたりするときが見直しどき。

収納用品などの買い替えは、少し後にすると、失敗も少ないはずですよ!

それでは、
名古屋在住のライフオーガナイザー®︎
中矢くみこ
でした。

ブログ村クリック応援お願いいたします!
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

お申込み・お問合せはこちら
お問合せ

      〜 ひとこと日記 〜
\\  4人のこども と 忘れんぼ母ちゃん  //

先日、双子の1人の息子が「学校にいきたくない」と、朝、みんなと一緒に家を出ませんでした。頑なだったので、ひとまず休むことを連絡。落ち着いてから話を聞くと、「今日は国語のテストがあって、むずかしくてわからないからやりたくない」という理由でした。興味がないことには、とことん興味がない息子。いまだに、洋服はパンツも前後ろでも、靴下が左右違っても気にしない。(どうでもいいから、指摘しても直す気もない 笑)授業は楽しくないけれど、テストでは100点を取りたい。なんか分かるわ〜。こうなりたい!という理想の姿と、自分とのギャップ。でもやりたくないものはやりたくない、けど、それをやらないと理想にはいけない。1ヶ月前くらいに、スイミングも行かない!といったときも、同じような気持ちだったのかもな。結局は、3時間目から学校に行き、テストもいつかはやらなきゃいけないと知って、その日に受けたと、先生から聞きました。4人ともタイプが違うので、一人一人の気持ちを汲み取れていないのが現実ではありますが、今回は寄り添えていたかな?今回のことで、息子は何かを感じたようです。