男の子+女の子+双子とのやったね!を探す暮らし

『 くらしの庭 』 ライフオーガナイザー 中矢くみこ

無理して捨てなくても心地よい空間に変わります!

 

先日、モニターでご依頼下さったK様のオーガナイズ作業を行いましたので、ご紹介をさせて頂きます。

※写真掲載の許可をいただいております。すべて無断複製・転用は禁止です。

 

f:id:kumikona:20170704155940p:plain

 

ご依頼頂いたスペースはリビングにつながるK様の書斎スペース。

 

本がお好きな方で、本棚に整然と並んでいたり、お仕事のものや、趣味のミシンや布などもご自身の使いやすいようにしまわれている状態のお部屋で、床に物はあるものの、収納されているものはしっかりと管理されていて、ラベリングの言葉選びも抜群!だったので、K様の使い勝手の良さそうなところはそのままに、それ以外のものを全部出して、見直すことにしました。

 

扉を外すと、その先には快適さが待っていた!

f:id:kumikona:20170704154707p:plain

 

最初にお伺いした際に見て、一番最初に感じたのは、奥まった所にある折れ戸タイプの収納。

本棚とぶつかっって完全に扉が開かない状況でした。

ヒアリングをする中で、K様の場合、扉がない方が快適になるだろうと扉を外すことを提案させていただくと、作業当日まで気持ちを温め、扉を外すところから作業スタート!(サポートしています。)

扉を外すことはあくまで、K様にとって良いと判断したからで、全員におすすめするわけではありませんよ!

 

そして、見直す物全てを床に出し、とにかく分けていきました。

 

多くを手放さなくてもスペースに余裕ができる

f:id:kumikona:20170704154640p:plain

 

溢れたものをスッキリさせるためには、

『たくさん捨てないとダメだろうなぁ〜』

なんて思いがちですが、そんなことは事はない!と言える今回の片付け。

 

最終的にでたゴミ袋(45L)は2つでした。

 

3分の2ほど終わった頃、床に残っているたくさんのもの、そして、ゴミ袋1つ分しか手放していない状況に、やっぱり全部入らないんじゃ…?と心配する様子もありましたが、何の心配もありませんでした!

 

結果的には、本棚の2段分のスペースが空き、なんとなんと!しまっていたお子様の写真を飾れるスペースまで出来たんです!

 

片付ける時のミソは『捨てる事』ではなく、『分けること』にあります。

 

そんなオーガナイズ作業後のお部屋は次回、お客様からのご感想と共にご紹介いたします!

 

それでは、

4人の子育てママ&ラクになるしくみ作りに燃える

名古屋在住 ライフオーガナイザー®︎

中矢くみこ でした。

 

※=※=※=※=※=※=※=※=※=※=※=※=※=※=※=※
ただいま、片付けのデビューモニター様を募集しています。

お気軽にお問い合わせいただけたらと思います!

詳細はこちらへ。

お問い合わせ、ご依頼はこちらへ

※=※=※=※=※=※=※=※=※=※=※=※=※=※=※=※

 

励みになりますので、

良かったらポチっとしてくださいね☆

このカテゴリーの色々な方のブログが見れます!

 ⬇  ⬇  ⬇  ⬇ 

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 子育てブログへ

ありがとうございます!