読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男の子+女の子+双子とのやったね!を探す暮らし

『 くらしの庭 』 ライフオーガナイザー 中矢くみこ

子供の靴は保育園方式でスッキリ!

 

前回に引き続き、我が家の靴のお片づけについてです。

 

前回の下駄箱のオーガナイズのお話はこちら。

kumikonakaya.hatenablog.com

 

 

 

今日は、

下駄箱のスッキリを維持する私なりのシステムについてのお話しです。

 

 

……………

こんにちは。

名古屋在住、4人の子育て中のお母ちゃん

ライフオーガナイザー の

くらしの庭  の くみです。

……………

 

 

我が家には4人の子供がいます。

(小学一年、年少、2歳の双子)

 

玄関の環境もあって、お迎えして帰ってきたら、

 

1人か2人が玄関に入り、靴を脱いで家に入っていったら次の人、そして最後に私が玄関に入り鍵を閉める

 

というながれになります。

 

そうすると、私が玄関に入る頃には、たいてい双子が靴が脱げずに待っていて、上の2人は部屋の奥にいて、脱ぎっぱなしの靴が残されているんですよね。。。

 

そこで、だれもが思う、きちんと靴を揃えるようになって欲しいなと、日々悩んで(ちょっと、大げさに書きすぎ 笑)いたので、まずはよく目にする方法を試してみました。

 

 

……………………………………………………

靴の形のシートを床に貼る

……………………………………………………

 

(スミマセン。。。写真はありません)

 

これは、試されている方も多いだけあり、結構効きました!

 

自分の場所!が明確になるように、

・子供の靴に合わせてサイズを変える

・好きなシールを靴型に貼ってみる

というプラスαも、継続させる効果がありました。

 

ただ、この床にはる方法、はがれてきたり、砂がついてきたりと、

見た目にもお掃除するにも、私には少し不便に感じていました。

 

1ヶ月ちょっと過ぎたある日、剥がれかかっていた靴型を、いつの間にか、双子剥がしていました!

ということで、この足形はいったんは終了となりました。

 

ただ1ヶ月以上も靴を揃えていたし(100%ではありません)、習慣として定着したかな、なんて期待もしていたのですが、その期待はあっさりと裏切られ、何も貼られていない床には、履いてきた靴が出しっ放しとなってしまいました 涙。

 

 

なので、次に試したのはこれ

……………………………………………………

保育園のマークでマイスペースを決める

……………………………………………………

f:id:kumikona:20160926231951j:plain

(写真がこれしかなく。。。)

 

保育園や幼稚園では、必ずその子のマークが決まっています。

 

年少の娘は、クラス全員のマークを覚えていて、

登園の時に、良く全員のマークをみながら順番に名前を言っています。

 

2歳の双子も、保育園では自分のマークを認識して下駄箱にしまっています。

 

そういう状況も見ていて、同じシステムにすれば、同じ様に家でもやってくれるかな、の期待を込めて、玄関には保育園と同じマークをつけたんです。

(長男はマークがないので、好きなキャクターで)

 

正直、見た目は微妙です。。。

 

でも、子供達は以外と嬉しかったようで、

双子の一人は、靴を置いて

『おかあちゃん、みて、ぴったり〜!』

とかかとを壁にくっつけて置けたことをアピールしてくれたり、

 

長男が脱ぎ捨てた靴を、律儀に揃えてアピールする娘だったり、

 

『ガオ〜ライオンさん、お靴待ってるよ〜』などの声かけを1人1人にしやすくなったりと

 

コニュニケーションが増えました

 

でも、やっぱり、床に貼る事で掃除がしにくい、

という問題は解決されず、

結局は、掃除を優先した位置に、マークを貼り替えました。

 

それが、こちらです。

f:id:kumikona:20160926233313j:plain

 

掃除は断然しやすくなりました。

が、課題もありました。

 

・やっぱり見た目が微妙…

・側面にマークでは『ここにおく』という明確さが薄れる。

(保育園ではマークの上に靴を置いています)

 

そのため、揃えてくれる頻度は下がりました。

 

でも、掃除しやすさが今は優先したいので、靴を揃える事については、声かけと合わせて、『揃えられたらほめる』をしばらくは根気よく繰りかえそうかなと思います。

 

(数ヶ月たったら、別の方法に変えているかもしれませんが。)

 

 

 

こうやって、日々悩ましく思っている靴を揃える行為について、

実は、大好きな(笑)『トト姉ちゃん』をみるたびに、何となく落ち込むんです。

 

ドラマの中では、子供の頃から『靴をきちんと揃える』シーンが何度も出てきます。

 

こんなにキッチリできる子供がいるんだ…どうやったらこんな風になるんだろう。。。と思わずにいられません。

(これはドラマですが、現実でもできる子はいるでしょうしね。)

 

私が靴を揃えているのをみていれば、いずれそうなるのか?

それとも、毎回口を出していればそうなるのか?

そもそも子供達は、なぜ靴を揃えなきゃいけないの、と思っているのでは?

 

と。。。

 

でも、出来ない事や先の事を考えても自分の中の答えはでないので、

 

今は、

 

”靴が揃っている事で私がイライラしない事”

”子供が『自分で靴を揃えられた!』と達成感を感じられる事”

 

がゴールでいいんじゃないかな、と考えるようにしています。

 

目指す最終ゴールは子供達の自立する時期。

なので、毎日靴を揃えるまで口うるさく言うことはしていません。

(人数が多いからか、言うだけで疲れるんです。。。涙)

 

長い長い先の事を思い浮かべつつも、今出来る小さなステップを大切にすることが、今の私のゴールです。

 

それでは、くみでした。

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ にほんブログ村 子育てブログへ

 ⇧ ⇧ ⇧ ⇧ ⇧

良かったらポチっとしてくださいね☆

 

※=※=※=※=※=※=※=※=※=※=※=※=※=※=※=※

くらしの庭ではお片づけの相談、お片づけサービスをお受けしております。

お不明な点、何をしてくれるの?など

お気軽にお問い合わせくださいませ!

⇨⇨⇨お問い合わせ先

 

合わせてこちらも ⬇

kumikonakaya.hatenablog.com