男の子+女の子+双子とのやったね!を探す暮らし

子供の片付け ライフオーガナイザー 中矢くみこ

保育園の準備は自分で!3歳の娘へのサポートの仕方 後編

 

 

年長さんの娘の朝の身支度についての後編です。

前編はこちら⬇

 

kumikonakaya.hatenablog.com

 
こんにちは。
4人の子育て中のお母ちゃん、
名古屋在住ライフオーガナイザー®︎中矢くみです。

 

昨日に引き続き、娘が自分で身支度ができるように私ができるサポートについての後編です。 

お気に入りワンピで持てる母のゆとり!

f:id:kumikona:20171106113044j:plain

(フラミンゴ柄のワンピースがお気に入り!)

 

娘に身支度をする旨の声かけをし、カゴの前まできたら、身支度準備スタート!

 

最近、女の子っぽくワンピースが着たい娘に、ユニクロのセールで動きやすいカットソー生地のワンピースを2枚新調しました。

(動き回るには、あまり良いとは思いませんが、一時的な物と見守っています。)

 

いままでTシャツにズボンスタイルで登園していたので、●●ちゃん、可愛いっていうかな〜などと話す様子に嬉しさが伝わってきます。

 

さらに、1枚¥500-という嬉しい価格!汚されても、私の心も痛みません 笑。

 

それを交互にほぼ毎日着ていくのは分かっているので、身支度カゴの目に入りやすい一番上に置いておくと、このワンピースを着るのが楽しみな娘は、比較的積極的に着替えてくれる訳です!

 

そういう訳で、娘が着替えている間は、双子や長男の事が出来るゆとりが持てるのです。(この間、双子はテレビで子守り・・・💦)

我が家での「出来た!」ポイントとは?

お着替えが終わったら、身支度シートを見ながら「次は何入れる?」と声かけしながら、全部入れ終わるまでつきあえる時はつきあいます。(私が他の事をやっていたら、勝手に終わっている時もたまに出てきました。) 

ここで、「出来た!」ポイント!

(★あくまで我が家バージョン★)

 

 1、かばんに入れるものを指示しない

 (これ入れようね〜、ではなく、次は何入れる?と聞く)

 ⇨身支度シートはイラストで書いているので、見れば何が必要かは分かります。

  そして、子供は、命令的、指示的、感情的な言葉がけは嫌がります。

  また、入れる順番についても、子供なりの理由があることもあるので、

  口出しはしません。  

2、1つ入れるごとに反応する

 ⇨そうだね、●●入れたんだね、など相づちを打つようにすると、

  ひとつづつの行為にも「出来た!」を感じてくれる気がします。

  安心もしますよね、きっと。

3、ぐちゃぐちゃでも気にしない

 ⇨娘はまだぐちゃっと押し込んで入れていますが、まずは、必要な物を

  全部入れる事が目標なので、丁寧な入れ方は次の発達段階にまわします。

  (たまに、軽く声かけはしますが。)

 

それを、ふまえて全部をかばんに入れたら、

「おぉ〜!保育園の準備できたね!これで、いつでも出れるね!」

などと、声かけをしながら、頭を撫でて終了〜!

 

こんな事をしている間も、狭い同じ空間に3人の息子がいるので、娘も私も毎日きちんと出来る訳ではありません(けんかやおもちゃをガッシャーン!は日常茶飯事)。でも、このような基準を持ちながら接する事で、私もこれはできた、これはできなかった、と達成度を知る事ができるし、めんどうな身支度の時間も少しは楽しく出来る気がします。

(私が子供に対してできた!事はだれもほめてくれないので、こどもと同じで小さなステップを意識する事で、頑張れるんですよね 笑) 

 

それでは、ライフオーガナイザー®︎中矢くみこでした。

 

「暮らシスターズ」として片付けサービスや片付け講座をお受けしています。

講座については、リクエストがあれば、ご要望の日程を調整の上、開催も可能ですので、お気軽にお問い合わせくださいね。(問い合わせしたからって、断れない〜!なんてことはないので 笑)

kurasisters.jimdo.com

www.instagram.com