男の子+女の子+双子とのやったね!を探す暮らし

子供の片付け ライフオーガナイザー 中矢くみこ

保育園の準備は自分で!3歳の娘へのサポートの仕方 前編

 

 

今日は、年少の娘が自分で身支度出来るように、私がしているサポートについてのお話です。

f:id:kumikona:20171106111747j:plain

 こんにちは。
名古屋在住ライフオーガナイザー
4人のかあちゃん、中矢くみこです。

我が家の保育園事情について

(長くなるので、飛ばして貰って良いです)

 

娘は、現在、A保育園に通う3歳の年少さん。

そして、さらに娘とは別のB保育園に通う双子の息子。

長男は去年までC幼稚園に通っていました。

 

計3カ所(正式には東京で長男が通っていたD保育園も合わせると4カ所)の園を経験している私としては、園の方針によって持ち物が随分違う事を実感する毎日です。

 

そんな私の、保育園の持ち物に対する印象は・・・

子供一人で用意させるには持ち物が多い。。。

 

幼稚園は基本的にお着替えセットは必要ありませんでしたし、(園に着替えをセット置いているので日々持っていく必要はなかったです。)タオル類の枚数も少なめでした。

 

ですが、保育園は毎日必ずお着替えが数セット必要になり、それも、日々の汚れ物によって持っていく枚数は変わります。

手ふき用のタオルや足拭き様のタオルなど、タオルの枚数も多い。

 

でも、自分でできる!という気持ちも持たせたいし、出来る様になってくれたら、私も本当に助かるんだけど、という想いもあり、いつから始めようかを伺っていました。

 

長男の息子の時は、幼稚園に入ってすぐに、身支度シートを壁に貼っていたので、身支度に必要なものもたんすに入れておけば、自分で確認しながら身支度する事が出来ていました。(もちろん、しない時も多々あります!)

むしろ、わすれんぼ母ちゃんの私より、しっかり準備出来ていた気がします 汗。 

※写真の片隅に写っていた身支度シート。ひどい写真ですみません。

f:id:kumikona:20160909092603j:plain

身支度タイムをプリンセスと楽しい時間に!

保育園は2歳児から通っている娘、朝は自分からお友達の所に行き、バイバイ〜と手を振っていたのに、年少に上がってからは、保育園に登園した際に、離れるのが寂しいと泣く様になってしまい、一時は車の中でお腹が痛い、という事も。

(園ではとても楽しいけど、離れるこの瞬間が悲しいのだそう。愛しすぎて泣けます。。)

 

登園時の準備に関しては、年少の5月頃から自分でやるように声かけをしていたので、7月頃には、朝の登園時の準備(タオルを定位置にかけたり、服をカゴに入れたりなど)はできるようになっていました。

 

きっと家での登園準備も自分で出来るだろうなぁ、と考えつつも、保育園に気持ちが向かない状態で一人で用意をするのは厳しいかなぁ、という想いもあり、なかなか踏み切れずにいました。

 

しかしながら、我が家には4人の子供が。。。

それも、自己主張バンザイ〜!真っ最中の2歳の双子はお着替えさせるのも一苦労です。

やっぱり、娘が自分で身支度をしてくれると、ほんとうに助かる。。。

 

ということで、少しでも保育園へ行くのが楽しい気持ちになる様に後押ししてくれる身支度シートを作ろう!と思い立ち、娘が大好きなプリンセスの塗り絵を使って、プリンセスと一緒に身支度大作戦です。

f:id:kumikona:20171106111619j:plain

 (上の引き出しのグチャグチャは、現在、入れ方を見直す予定です。)

 

写真の紙が身支度シート。

このツール、塗り絵にイラストを書き込んだものです。

 

写真左下は娘の登園時に鞄の中にいれるものを、毎日私が用意しています。

カゴはニトリのインボックス ハーフです。

https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/8420632s

 

※ぬりえは、こちらからダウンロードできます。

kids.disney.co.jp

 

ここで、子供の「出来た!」ポイント!

(★あくまで我が家バージョン★)

 

1、カゴにマークを貼る

※名前も書いているので、写真は引き出しを裏返してマークが見えない状態です。

  ⇨保育園と同じマークを貼ることでマイ・カゴの意識を持たせます。

  ※かなりインテリアに影響します 汗。。ただ、今の我が家では、見た目も大事だけど

   子供が分かりやすいを一番の優先順位としているのでオッケーです。

 

2、カゴの上部の空間を開けておく

  ⇨ゆとりがある事で、子供でもカゴが出し入れしやすいです。

  ⇨日々変わる着替えの量にも対応できます。

  (基本的にカゴに山盛りになります。)

  ⇨朝、娘が床に出したままの服などを、カゴを引き出さずに

   ポイっとワンアクションでしまえます。

  (めんどくさがりなので、次の日の準備の際に、まとめてたたみたいのです。)

 

3、身支度シートは立てる

  これは娘が自発的にやっていました。

  床にペラっと置いているより、立ててあるほうが見やすいですもんね。

  ※準備が終わったらカゴの中にしまっています。

 

4、完璧を求めない!これが一番ポイントかも

  少し出来る様になってくると、出来る事が当たり前と思いがちですが、

  まだまだ、やりたくない時も多いです。

  まずは、楽しい気分になれるような声かけをしてみて、のってこないようで

  あれば、プリンセスになりきって、楽しそう〜!に準備している所を

  見せています。(私がイライラマックス!の時はムリです。)

 

ここで、

<我が家の朝の一幕>

私)(プリンセスの絵を子供に向けて、動かしながら)

  ○○ちゃん〜!あれ?まだパジャマだよ〜?

  プリンセスは可愛いドレスに着替えてるよ〜♪

  カバンの中に何入れようかな〜♪

 

娘)(ちらっとこっちを見て)

  ね〜、あの服(お気に入りの1つ)ある〜?

 

と、などと、うまくいく時は、のってくれて、この身支度コーナーまで来てくれる訳です。 笑

 (ちなみに、今日は声かけした時はやらず、ふと見ると自分で着替えていました。)

 

このごっこ遊びを取り入れたコミュニケーション、男の子との場合はもう少し違うものになると思いますが、息子も年長の途中あたりまでは、ごっこ遊びのコミュニケーションにのってくれていました。

 

それとは少し違うかもしれませんが、物がはなしてる設定も子供は大好きです。

 

例えば、ミニカーを箱にしまって欲しい時や、ミニカー遊びを終えて欲しいとき。

「くるまちゃん、もうお家に帰りたいって言ってるよ〜。」

「車庫でお友達が待ってるから、車庫でねんねしたいみたいだよ〜。」

と声かけすると、『そうか、かわいそうだから車庫に連れて行ってあげよう』と素直に思うのか、箱に持っていきます。

「ありがとう〜!くるまちゃん、みんなと一緒できっとうれしいね〜!」

などと、持っていった後もしっかり声かけすると、ウン!と頷いています。

 

この手法、私はかなり多用しています!

さすがに、小学1年生の息子には通じませんが、年少位までは使える気がしているので、まだまだ多様していきます 笑。

 

とはいうものの、この声かけ、結構トーンを上げなくてないけないため、パワーが無い時はやりません。というか出来ません。。。

 

身支度から、話がそれました。。。

 

長くなりましたので、娘と実際に身支度をしながら感じてもらう「出来た!」ポイントはまた後編へ続く事にします。

 

それでは、ライフオーガナイザー®︎中矢くみこでした。

 

「暮らシスターズ」として片付けサービスや片付け講座をお受けしています。

講座については、リクエストがあれば、ご要望の日程を調整の上、開催も可能ですので、お気軽にお問い合わせくださいね。(問い合わせしたからって、断れない〜!なんてことはないので 笑)

kurasisters.jimdo.com

 

インスタグラムものぞいてみてくださいね!

www.instagram.com